「急がば回れ」6歳でもどれみフレンズ(6歳の女の子・Kちゃんの体験レッスン)

6歳さんのお母様からのお問い合わせ。楽器に触れることや音楽を楽しむことを大切にする教室を探していて見つけてくださったそうです。

6歳といえば、数もわかるし字も読める。教えれば楽譜も読める年齢です。でも、ここは「急がば回れ」で「どれみフレンズレッスン」を中心に体験していただくことにしました。

鍵盤といえば黒がふたつとみっつ。右手でチョキを作ってふたつの黒に乗せて親指を下したところが「ド」だよって教えたりするのですが…今日は「ふたつの黒となかよしさん~」「みっつの黒となかよしさん~」の歌で「ドレミ」の位置と「ファソラシ」の位置を覚えました。はじめに大きな鍵盤にベルを置いて場所を覚えたら、もうピアノに向かっても迷うことはありません。

ピアノベル

上手にできたので、好きな歌だと聞いていた「ちょうちょう」の初めの部分をベルで鳴らしてもらい、それからピアノでも弾いてみました。一音一音慎重に弾けたね。

楽譜で音符を指さしながらドレミ唱。「ド・レ・ミ(ウン) ド・レ・ミ(ウン)」(ウン)のところ、指さすの忘れちゃったね。お休みのところも音楽なんだよ。このリズム、どれみフレンズレッスンでは基本です。たくさん経験しておくと身体に入っているので、楽譜に移った時に自然に理解できます。

6歳さんでもうピアノを習っているお友だちは、きっと楽譜を見ながらピアノが弾けるでしょう。でも、慌てないでください。はじめにたくさんの基礎を遊びながら吸収したら、鍵盤や楽譜に対する理解が深まります。ドレミがわかりはじめたら、お家のピアノを触ってみたくなると思います。

後日、お子さんに体験レッスンを楽しんでいただけたことのご報告とご入会の連絡をいただきました。ありがとうございます。基礎を積む時間も大切にしながら、弾ける喜びも味わえるようなレッスンにしていきたいと思います。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?