最後まで黙っていたけど、帰り際に玄関で手を振ってくれたHちゃん(4月から1年生の女の子の体験レッスン)

「ピンポ~ン」チャイムが鳴ったので出てみると、「あれっ、お母さんだけ?」…と思ったら、お母さんの背中の後ろに隠れている女の子が。「こんにちは」と声をかけたけど照れているようでなかなか出てきてくれません。

やっとお母さんと一緒にレッスン室にあがってくれましたが、まだ不安そうだったので、いつも体験会の始めにやっているお母さんと手合わせしたり手遊びしたりすることはやめて、まずどれみフレンズのキャラクターを紹介しました。

キャラクターのペープサートに興味を持ってもらえたところで、すかさずキャラクターのシールを貼ったクマちゃんのベル登場!
階段に並べてドレミファソの音を鳴らしてみます。

以前、音楽教室に通われていたそうですが、鍵盤を触る前段階のコースだったとうかがったので、今回は鍵盤を触ることを意識して鍵盤上のドレミの位置を覚える歌を一緒に歌いました。大きな鍵盤にベルを並べてドレミを鳴らしたあとはピアノで。上手上手!

それができるならと、簡単な曲をリズムを手拍子まねっこしたあとベルを鳴らしてピアノで弾く流れで。出来るね~
それならもう1曲!「『だいすきなパン』っていうお歌なの。どんなパンが好きかな?」Hちゃんが困った顔をしたので、お母さんが教えてくれました。「おいしいウィンナーのパンたべよう」お家に帰ったら歌ってくれるかな?

最後に、あいうえおカードを出し2~4文字の言葉に合わせてリズム打ち。しっかり手を叩いてくれました。

最後まで黙ってたけど、玄関で「さようなら」とあいさつした後で手を振ったら、笑顔で手を振り返してくれました。
そして「楽しかったのでまた行きたい」と言ってくれたそうです。私も「楽しんでくれているかな?」とドキドキでしたが、ほっとしました。ご入会ありがとうございます。慣れるまではしゃべらなくても大丈夫。「〇〇やってね!」に対するHちゃんの反応を見ながら、やりたいのかやりたくないのか、できそうかできなそうか、考えて進めます。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?