発表会無事終了しました!

2021年8月7日(土)、東京都4回目の緊急事態宣言発令中ではありますが世田谷区の烏山区民ホールにて発表会を開催することができました。

お友だちの教室と合同で年に1回開いてきた発表会。昨年の11月にいつも使用しているホールを予約していましたが、夏になり、そろそろ曲決めをしなければならない時期になっても一向に収まる気配のないコロナ禍。思い切って次の春に延期したらこころおきなく発表会ができるのでは?とそのホールをキャンセルし、今年のG.W.にもう少し広いホールを予約しました。客席の収容人数に制限がでても、保護者の方の人数制限をしなくてもいいように。

そして年明けから発表会に向けて生徒さんも私たちも準備をすすめ、あと少しと思っていた発表会の10日前、3回目の緊急事態宣言発令で予定していたホールが使えないことに‼「えーっ、噓でしょ?」2回目の緊急事態宣言の時は、ホールの利用停止までにはならなかったので、制限はあるものの発表会はできると信じていたのです。

その日のうちに、お友だち講師さんが探し出してくれた烏山区民ホール、また更に広いホールになりました。さすがに8月にはなんとかなっているのでは?の予想を裏切り4回目の緊急事態宣言。でも、今回はホールの利用停止には至りませんでした。よかった~

5月の発表会を目標にやってきたのに、3か月の延期。モチベーション下がっちゃわないかなと心配していましたが、長く弾き続けることでゆとりを持って演奏が出来るようになった生徒さんが多かったです。「3か月あるから新しい曲やってみる?」と提案もしたのですが、みんなせっかく練習した曲に愛着があるみたいで、そのままずっと弾き続けていたのです。5月から受験のためお休みにはいってしまった生徒さんも、お家で練習を続けてこの発表会に参加してくれました。この3か月の間に参加を決めてくれた新しい生徒さんもいます。みんな頑張ったね!

今回の発表会では、いままでにない企画として、ピアノ伴奏+鍵盤ハーモニカのアンサンブルをとりいれました。連弾だと隣の人との距離が近いということで、子どもたちが学校で使っている鍵盤ハーモニカを活用しようということになったのです。各々の先生のところで練習してきた子たちが、本番前一回のリハーサルで合わせるのだけなのでドキドキものでしたが、しっかり合わせることができました。

そして、講師演奏。これも同じくピアノ伴奏+鍵盤ハーモニカアンサンブルにトライ!こちらは大人のケンハモ。子どもの使っているものより鍵盤数が多いので表現にも幅が出ます。最後に演奏した『情熱大陸』は客席から手拍子をいただき、会場のみなさんとの一体感が感じられて嬉しかったです。今までは講師演奏といえば、静かに聴いていただく感じだったので、なかなか新鮮でした。

さぁ、来年にむかってまた新たなスタートです!

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?