先生と一緒に楽譜をつくったよ!今日はやる気がなかった年中さんのTくんのレッスン

「ピンポ~ン!」とチャイムがなったので玄関まで迎えにでたら、Tくんがお母さんの自転車の後ろから降りません。今日は本人の中ではピアノに来る日ではなかったようです(^-^;

「じゃぁさ~、今日はピアノ弾かなくてもいいから部屋に入ろうよ。先生、Tくんに見せたいものがあるんだ~」と、なんとか部屋まで連れていき、まずはパワーポイントで作ったドレミ当てクイズ。
「チロリ~ン♪」というかわいい音とともに〇が出てくるので、何の音でとまったか当てます。

「もう一回やる!」と何度もせがまれましたが、適当なところで切り上げ…

「先生ね、今、Tくんにあげるきらきら星の楽譜を作ろうとしてるんだけど、お手伝いしてくれるかな?」ときいたら、わけもわからず「いいよ~」とお返事。

私は楽譜ソフトを使って簡単な楽譜を書くことがありますが、入力した音って上下の矢印キー(↑)(↓)で上下に動かすことができるんです。

それを利用してTくんと一緒にパソコンに向き合い、先に同じ音をたくさん並べておいて
「ここの音、ドにしたいんだけど今違う音だよね?先生が動かすからドになったらストップっていってね」
動かしながら「そろそろドかな?(先生)」
「まだミなんじゃないの?(Tくん)」
再び動かしていくと
「あ~そこそこ、ストップ!(Tくん)」
という感じで音を入れていきました。
そのうち「Tが自分でやる」と言い出して、音符を選んであげたらあとは自分で矢印キーで動かすように。
「次は何の音?」とどんどん聞いてきます。

できあがったところで
「ちゃんとできたか聞いてみよう!」と再生して確認します。
「あってた~(Tくん)」
印刷した楽譜を見ながら、今度は再生したものを聞きながらドレミで歌ってみます。

お母さんがお迎えに来た時には自慢げに楽譜を見せていました。
お約束通り、一度もピアノにさわらないレッスンでしたが、30分集中して作業できたのはすごいことですし、自分で作った楽譜なので、おうちで弾いてみてくれるそうです。そんな日があってもいいですよね。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?