ピアノ大好きなSくん。コードネームもやってみよう!(小5の男の子の体験レッスン)

4歳からピアノ教室に通っているSくん。レッスン回数を増やしたいということで体験に来てくれました。

「弾ける曲を聞かせてね」とあらかじめお話ししておいたところ、持ってきた曲をほぼ暗譜で演奏。表現力も素晴らしかったです。ピアノは弾けていることもうかがっていたので、体験レッスンでは、当教室(桜新町)で学べることを体験していただこうと思いました。

弾いてくれた曲はポピュラーでしたが、コードネームはまだ知らないということだったので、今回はそこを重点的に体験してもらうことに。

本来、コードの構成から順にひとつづつ説明していかなければならないところですが「コードネームってこんなもの」をまず知ってもらいくて、ダイアトニック・コード・シートを使用しました。(このシートは「わくわく音楽教材ステーション」の粕谷恵子先生考案の教材です。粕谷先生のブログはこちら→

ダイアトニック・コード・シート

「なにそれ?」って思われないように、難しい言葉は使わず「ハ長調ならこんな和音があるよね」を紹介する形で。

そのあと、覚えた基本の和音で知っている曲にコードネームを見ながら伴奏をつけてみました。
コードネームなしで自分で考えて伴奏をつけることもやってみました。

ポピュラー曲は、コード進行がわかると譜読みがしやすくなるんだよという話をして終了。

ご入会ありがとうございます。これからは一気にではなく、調の話、音名の話、毎回少しずつお話ししていこうと思います。ひとりでどんどん楽譜が読めるお子さんなので、曲の成り立ちを知ることがきっと役に立つと思います。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?
申し訳ありませんが、現在空き枠が残り少しとなっております。