弦巻さかもと音楽教室(桜新町)で使用している教材はこちら。これらすべてを使用するわけではなく、生徒さんの様子を見ながら選んでいます。

テキスト

はじめて音楽に触れるお子さまはまず「どれみフレンズ」から。キャラクターと親しみながら、どれみを覚えていきます。

どれみフレンズで真ん中のドからト音記号のドレミファソ・ヘ音記号のドシラソファを学んでいるので、普通の楽譜に入るときも真ん中のドから学ぶ教材を使用します。「うたとピアノの絵本」はすべての曲に歌詞がついているので、どんなお話の歌なのかイメージがわきやすいです。

「ピアノひけるよ!ジュニア」には知っている歌がたくさん出てくるので、弾くことが楽しくなります。

「ピアノ弾けるよ!シニア」では学校で鑑賞するようなクラシックの曲も出てきます。

「だいすきエレクトーン」はエレクトーンの教材ではありますが、大手音楽教室のグループレッスンで使われる曲も多数含まれており、幼児さんの総合的な学びの助けになります。足鍵盤を使う曲はまだほとんど出てこないので、ピアノの生徒さんにも使用します。

知らない曲でもどんどん弾けそうなお子さんには「オルガンピアノの本」をお勧めします。

ある程度弾けるようになったお子さまには「ピアノスタディ」で様々な作曲家の曲に触れていただきます。

この他にも、その時のお子さまの年齢、レベル、興味によって適した教材をお勧めします。
ご兄弟の方が使っていたものがあれば、それを活用することも可能です。

教具

黒鍵のかたまりを2つのものと3つのもので区別するために「さくらんぼとおだんご」を使います。

鍵盤のどの位置がどの音かを覚えるまで「鍵盤シート」で補助します。

くまちゃんのデスクベルで鍵盤に慣れないお子さんにもどれみを鳴らしていただけます

指番号を覚えながら指を動かすトレーニングをするときに使用します。プチプチ押す感覚が気持よいのか、始めると止まりません(笑)