おもちゃのキーボードしかありませんが「ピアノを弾いてみたい!」という気持ちが変わらないようなので…(5歳の女の子・Aちゃんの体験レッスン)

「昨年からピアノを習いたいと言っていたのですが、しばらく様子を見ていました」と、お母様。気持ちが変わらないようなので一度体験レッスンを受けてみようと思ったそうで、当教室(桜新町)にお越しいただきました。

「まず、お友達を紹介するね!みんなの人気者、ドーナツくん!…」どれみフレンズのキャラクター紹介から。このキャラクターとドレミが結びつくことで、まだ音符が読めないお子さんにもキャラクターを通じて「ドレミを見ながら弾く」の習慣をつけることができます。

クマちゃんのデスクベルの頭には、どれみフレンズのキャラクターのシールが。テキストやカードの絵を見ながら、同じ絵のベルを鳴らしましょう。ドレミで歌いながらね。

これをピアノで弾くならドはどこかな?黒鍵が2つのところにサクランボ、3つのところにおだんごを置いて、ドを探そう!

次は、こぶたぬきつねこで合いの手を入れる練習。「しりとりって知ってる?」の問いに「『ん』…で終わるんだよね〜」「お母さんはよく『きつつき』って言うよ」しりとりに関する話が出てくる出てくる。内弁慶で心配とうかがっていましたが、すっかりこの場に馴染んでくれたようです。

前もって聞いておいた好きな歌・知っている歌の中に「どんぐりころころ」がありました。この歌「ソーミミファミレド ソーミミレ」ドレミファソの範囲内でテーマが演奏できるんです。
どれみフレンズのキャラクターで表した楽譜を指差ししながらドレミで歌った後は、ベルを鳴らしてみましょう。続きの難しいところは先生が鳴らすね。Aちゃんとかわりばんこに鳴らし1曲演奏できました。それじゃ、次はピアノで同じことをやってみようか?

お家に帰った後、お父さんに「本物のピアノでどんぐりころころ弾いたんだよ!」とおもちゃのピアノで弾いてみせてくれたそうです。好きな歌を表現できる喜びを感じてもらえてよかった。
「来週も通いたい!」と言っていただけたので、来週もお待ちしています(ご入会ありがとうございます)。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?