久しぶりに触るピアノだけど、すぐ弾けちゃったね(小1の男の子・H君の体験レッスン)

4歳の頃、1年間だけピアノを習っていたというH君。その時に使っていた「うたとピアノの絵本 みぎて」を持ってきてくれました。当教室(桜新町)でもよく使っている教材です。2年ぶりだそうですが、弾けるかな?本を開いて、練習したことがあるものの中から好きな曲を弾いてもらいました。うん、よく弾けています。

音符ひとつひとつが色鉛筆で囲んである。これはもしや…色音符!塗るだけじゃなくて囲むという方法もあるんですね。当教室(桜新町)でも楽譜に色鉛筆で書き込む時がありますが、色音符ではないんです。同じ音型のものを探してもらった時に確認する意味で囲みます。色鉛筆の使い方はお教室によりさまざまです。今日は、以前色をつけたときから時間が空きすぎていて、色がないと弾けないというわけではなさそう。なので、思い切って色で囲んでいない新しい楽譜に挑戦。

「これなんの音?」「ド!」当たりです。「じゃ、次のこれは?」「たぶん…レかな?」惜しい!それはミです。こんな時には、どれみフレンズ(笑)。しつこいと思われるかもしれませんが、今までやってきたドレミファソの音符の位置を覚えるメソッドで一番早く覚えてもらえるのがこれなんです。ドレミファソを一から確認しなおしてもう一度挑戦。今度はスラスラ読めました。

どんどん読めるので8分音符がはいった曲にも挑戦。歌いながらリズムを叩くと、すぐ頭に入ります。これがこの「うたとピアノの絵本」のいいところ。一気に最後までいってしまいそうだったけど、今日はここまでにしておきましょう。

帰宅後、入会のご連絡をいただきました。他のお教室も検討されていたそうですが、H君が「ここがいい」と言ってくれたそうです。選んでいただきありがとうございました。左手から両手へ、これからどんどん範囲を広げていきましょう。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?