ポケモンの歌を、どれみフレンズの楽譜で弾いてみよう(5歳の男の子・R君の体験レッスン)

体験のお申し込みをいただいた時に「普段聴いている曲やお好きな歌がありましたらお知らせください」とお願いしたところ「ポケモンの1・2・3という歌を弾きたくてピアノが習いたいそうです」とお返事が。

さて、5歳さんにどうやって教えるか?当日までの私の宿題です。

体験の日がやってきました。元気に希望に胸を膨らませている様子のR君、「あれやろうか?」「これやろうか?」にすぐ反応してくれます。
いつもの幼児さんの体験レッスンと同じようにどれみフレンズ仲間たちの紹介から。今日は後でこれを使ってポケモンの歌を弾いてみようと思っているので、手を替え品を替え、どれみフレンズに親しんでいただきます。

デスクベルを鳴らしてドレミを確認したり、ピアノで弾いてみたり、歌ってみたり。ひととおり体験してもらったあとはお楽しみ。「これ、見ながらベルを鳴らしてみて!」見せたのは、ポケモンの歌の初めのフレーズを、どれみフレンズのキャラクターを並べて表したもの。幸いこの歌の初めの方は、ヘ音記号のソとト音記号のドレミファソの中でほとんど演奏できてしまうんです。鳴らした後で「わかる〜!」って歌ってくれました。帰る時、玄関先でもドレミで歌ってくれました。気に入ってもらえたようで良かった。

後日、ご入会のご連絡をいただきました。ありがとうございます。体験の時は様子見で1フレーズ分しか用意できなかったので、次に来る時には続きをやりましょう。

弦巻さかもと音楽教室(桜新町)では、無料体験レッスン受付中です!興味を持たれた方、一度体験にいらっしゃいませんか?